読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩と詞と雨が

し、らしきものを垂れ流します

幻だとしたら

並行世界を夢想するなんて愚かだと思ってた、そんな立冬

冷たい太陽がぼくを照らし

チャーリーブラウンの弱音だけが友だちだった

平熱が嘘みたいな温度で

それはきっと心の問題なんだろう

やせ細った二の腕が孤独を知らせる

ああ ビルの連なりが夕焼け色に染まっていく

暖かい太陽が彼らの一日をねぎらうように

これが幻だとしたら、それはそれで哀しいね

 

ろ過された子どもたちは何処へ行くのだろう、とか何とか

ネオンサインが街を彩り

戯言を重ねるぼくだけが宙に浮かんでいた

笑い声が閃光弾みたく眩しくて

それはきっと心の問題なんだろう

微熱を帯びた瞼が愛情を語る

ああ 光の瞬きが空の暗がりに融け込んでいく

ぼくも彼らの一部だという事実を告げるように

これが幻だとしたら、それはそれで哀しいね

これが本当だとしても、それは変わらぬ哀しいパノラマ